彼氏の葬列

彼を傷つけるために、吐いた自分の言葉から逃れるために。

十一月の日々、残秋の雨のように 毎日あちこちがずぶ濡れて、冷たいを感じた。息が吐いた、すぐ手の裏で結晶した。冬もますます近づいたねって思った。

この葬列といえば、私の忘れたい記憶だけでなく、過去数ヶ月の生活をすべて捨てるため、自分の一部分も埋めたいです。

彼の声が耳には辛うじて届くが、聞きたくない。彼とのは、時間を無駄遣いなんでしょう。街の車の音が、skypeから響いて、彼は今の住んでいる町は、まだ私がいない町です。長い人生の時間から比べれば、北国の夏のように短い時間だったのかもしれない。

Who care what cowards think anyway?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s